延滞があったりブラックでも融資が受けられる?

お金を借りるときには、返済能力があるかどうかを見極めるための審査があります。ここで言う返済能力は、主に年収のことを指します。一時的に高額年収を得ているだけでなく、長期的に安定した収入を得ているかどうかも重要です。すなわち、派遣やアルバイトよりも正社員が有利です。

さらには、他社からの借金があるかどうかも重要です。いくら高い年収を得ていても、他社からすでに返済能力のギリギリまで借りている人にお金を貸してしまうと回収ができないリスクが高いです。

また、借金を延滞している人は、約束した期日を守らない人ですので、信用がありません。会社はただお金を返してもらえばよいのではなく、約束の期日にきちんと返済してくれる人と取引をしたいと思います。過去に延滞が1回や2回あるだけなら大目に見てもらえる可能性もありますが、現在進行形での滞納者や過去に金融事故を起こしているブラックの人では審査に通る可能性は低いでしょう。

しかし、過去に延滞を繰り返していたり、ブラックの人でも借りられる金融機関は存在します。もちろん、ヤミ金などではなく、正規の金融機関です。金融機関の審査では、総合的な判断がされますので、過去に事故を起こしていても、それからある程度の年月が経過していて、さらに現在は安定した収入を得ていて余裕のある生活を送っている場合などには、総合的な判断で融資をしてもらえる可能性があります。大手の消費者金融が無理なら、中小規模の消費者金融に申し込んでみるなど、会社を変えてみるのも1つの手です。