銀行カードローンは保証会社の保証が必要である理由

カードローンの借り入れの申し込みの際には、原則は保証人は不要であることが多いです。この仕組みは、普通であれば貸し手として貸し倒れリスクを回避するために、連帯保証人を立てて回収の可能を高めるはずですが、カードローンの審査ではこの部分を別に保証する会社のリスク判断をゆだねて、貸すことに問題ないとその会社が判断したら貸し出すという形をとるので不要となるわけです。そのために借り手の返済可能であるかの所得の判断もこの与信を扱う会社が担うことになり、貸出審査の実質を掌握すると言っても過言ではなく、もし借り手が返済不能となっても貸し出した銀行は、直接その与信した会社に請求できるために銀行としては貸出をしても回収できる見込みが高いのでリスクが少ないため、銀行としてローリスクで借り手から利息収入を得る形式になります。銀行系のカードローンの利息が意外にも安いは、まさしくこのローリスクのためで借り手よりとる利息の中で保証料として支払う部分を差し引いたものが利益であったとしても、自己で貸出審査を行い手続きを経過させていくよりも他に保証させる方がコストが安くのでこのようなカードローンの貸出ができるわけです。つまり利率が消費者金融の方が高いのは、消費者金融は銀行から資金調達してその利払い分を上乗せてして、かつ事務経費と会社の利益分を加味するために銀行系のカードローンよりも高くなり、貸出における構成に仕方に違いがあるためと言えます。