消費者金融は審査の時に在籍確認を行います

消費者金融のキャッシングやカードローンは、担保や保証人が必要なく、使い道も自由ですから、サラリーマンやパート、アルバイトの人々に幅広く利用されています。消費者金融では、勤務先があって、定期的な収入のある人でしたら身分証明書くらいあれば契約できますが、個人事業主や無職の人では、他の書類を用意しなければ契約できなかったり、契約そのものができないこともあります。
新規の融資を消費者金融で申し込みますと、必ず審査があります。審査では、お金を借りる人の経済状況などを信用情報機関のデータベースに照会して、貸せる貸せないの判断と貸せる時の貸出限度額や金利を決めます。その他には、本人確認も行われます。そのやり方は、勤務先や家庭に電話をして本当に在籍しているのか確かめるのが普通です。基本的に、消費者金融業者とはわからないように個人名でそれとなく確かめます。
しかし、いかに消費者金融とわからないように個人名を使って電話で在籍確認しようとも電話をとった人の中にはカンの良い人もいますので、キャッシングしているのがバレてしまうこともあります。それで、電話での在籍確認を嫌う人のためのキャッシングも登場しています。
電話での在籍確認のないキャッシングの多くは、インターネット上のウェブサイトで申し込みから契約、融資まで完結するというものです。ただし、この方法では、本人確認書類以外の収入証明などが必要だったり、カードを使いたい時には、自動契約機コーナーまで出向いてカードを受け取る等少々手間がかかります。